出会い系アプリのおすすめ2選!本当にセフレを作れるサイトとは

ハッピーメール

出会い系アプリの数が非常に増えてきていて、どれを使えば良いかわからないという人は多いのではないでしょうか。

巷では出会い系ランキングなどがありますが、明確な根拠の元に紹介されているものは少なく、効率良く出会い続けられるサイトは実は限られています。

この記事では、2年間出会い系を使って毎週アポを入れ続けたヘビーユーザーの筆者がガチでオススメする本質情報を公開します。

出会い系を使ってセフレを作りたいと考えている人は、この記事で紹介する出会い系サイトを活用してみてください。

出会い系アプリで本当に使えるのはハッピーメールとワクワクメールだけ!その理由とは

結論から言えば、効率良く出会えるサイトは、「ハッピーメール」と「ワクワクメール」だけです。理由を詳しく解説していきますね。

プロフィール閲覧にポイント(お金)がかからない

ハッピーメールとワクワクメールの2つだけを推す最大の理由が、プロフィールの閲覧にお金がかからないことです。

出会い系アプリでは、基本的にアプリ内の行動に有料ポイントが消費されていきます。そのため、プロフィール閲覧にポイントがかかるアプリを使う場合は、「どの子にメールを送ろう」とポチポチ悩んでいるだけで、あっという間に数百円近いポイントがなくなっていきます。

出会い系アプリで最も重要なのは、業者にメールを送らず、実在するユーザーに効率良くメールをバラまくことです。そのため、業者を見極めるためのプロフィール閲覧は重要なフェーズのため、ポイントがかからないことで非常に効率良く出会えます。

ちなみに、どんなに大手で優良サイトでも業者は必ず存在します。

女の子の写真が大きく表示されていて見やすい

ハッピーメールとワクワクメールのアプリ版は、女の子の写真が大きく表示されます。

通常出会い系サイトでは、写真を見るのに20~30円分のポイントを要求されます。しかし、写真が大きく表示されているので、わざわざポイントを払って見る必要がありません。

無駄なポイント消費を抑えることで、出会える数は増えていくため、効率良く出会いの数を増やすのであれば、ハッピーメールとワクワクメールは圧倒的に優れています。

利用者が他よりも多い

ハッピーメールとワクワクメールは、利用者が他アプリと比べても圧倒的に多い特徴があります。ハッピーメールは累計2500万人を突破し、ワクワクメールは900万人以上です。

ワクワクメールに関しては、一度登録した後に退会して再登録しても会員数を新たに1とカウントしない方式を取っています。そのため実質累計会員数は公式発表している900万人よりも多いと考えて良いでしょう。

同じく大手のjメールが600万、PCMAXが1500万なので、単純に出会える確率はかなり高くなっています。

ハッピーメールとワクワクメールは、それぞれ以下のリンクから登録できます。

出会い・恋愛のハッピーメール【公式】|彼氏・彼女がほしい貴方に贈る日本最大級のマッチングサイト
ハッピーメール(ハピメ)は登録無料の優良出会いマッチングサイトです。趣味友から恋活・婚活まで幅広い出会いを提供。スマホ・アプリにも対応しているから初めての方でも安心してご利用頂けます。23年の運営実績で累計会員数3,000万以上、全国47都道府県のどこからでも素敵な出会いを見つけることができます。
ワクワクメール - 恋活・婚活・友達探し・素敵な出会いが見つかるマッチングアプリ
運営実績22年以上、国内最大級の恋愛マッチングアプリです。累計会員数は1100万人以上!友達や彼氏、彼女が欲しい方におすすめです!有人サポート、24時間体制の監視システムなど安心して利用できるシステムで、恋活・婚活、出会いを全力で応援します。

ハッピーメールとワクワクメールを上手に使うコツ

次は、ハッピーメールとワクワクメールを上手く使うコツを紹介します。出会うためのテクニックに関しては、別の記事で詳しく解説しています。

メインをハッピーメール、サブをワクワクメールと使い分ける

2つの出会い系アプリを使う場合、メインをハッピーメール、サブのアプリをワクワクメールと使い分けることをおすすめします。

利便性だけで言えばハッピーメールの方が上です。そのため普段はハッピーメールで相手を探し、行動範囲内に気になるユーザーがいなくなったらワクワクメールをチェックしに行きましょう。

慣れるまではハッピーメール1本に絞ってしまっても構いません。

基本はアプリではなくWeb版を使う

ハッピーメールもワクワクメールも、アプリではなくWeb版を使いましょう。特に大きな理由は2つあります。

1つはアプリ版だと無料ポイントが少なくなってしまうこと。どちらのサイトもWeb版から初めて利用する場合は1000円~1200円分のポイントもらえるのに対し、アプリ版だともらえるポイントは300円にまで減ってしまいます。

もう1つはポイントが割高になること。アプリ版から有料ポイントを購入するとポイントが大きく割高になってしまいます。

他にもプロフィールが表示されないユーザーがいたり、日記機能がなかったりと、アプリ版は使いにくい点が多いのが特徴。基本はWeb版を使うと覚えておきましょう。

ポイントはまとめ買いする

出会い系アプリに慣れてくると、ポイントを定期的に購入する必要が出てきます。最低限の500円や1000円分のみポイント購入して済ませたい気持ちはよくわかりますが、セフレを作りたいのであればポイントは多めに購入しましょう。

出会い系アプリで失敗しがちなのが、ポイントがなくて焦ってLINE交換を提案し、女性から嫌われる流れです。

「ポイントがなくなってしまったのでLINEしてください!」といったメールは、女性からすれば不信感しか抱きません。数百円分のポイントをケチる男性なら、実際に会っても楽しくなさそう、と逃げられてしまいます。

精神的な余裕を保つためにも、ポイントは少し多めに購入しておきましょう。

メールは準備が整ってから

出会い系アプリに登録し、年齢確認も済んだからといっていきなりメールを送るのは控えましょう。準備が整ってからでなければ、返信はもらえないためです。

女性は基本、メールからプロフィールに飛んでじっくり吟味するということはありません。大量のメールが常に送られてきていて、疲弊するためです。

プロフィールや写真が設定できていない段階で送信してしまうと、後から設定しても埋もれてしまい返信はもらえません。

出会い系アプリを使う上での準備とは

最後に、出会い系アプリを使う上での準備に関して解説します。

準備をしっかりしておけば、女性からアプローチが来る可能性もあるので早めに済ませておきましょう。

写真を2~3枚用意する

出会い系アプリを使う前に、写真は2~3枚用意しておきましょう。出会い系アプリを使って出会えるかどうかの9割はプロフィール写真にかかっています。

まず、プロフィール写真がない状態でメールを送信しても返ってくることはありません。女性からしても、顔がわからない人とのやり取りは気味が悪いものですよね。

会って話をしていない段階では、相手の容姿でどんな性格かを判断します。そのため、判断できる材料となる写真が多ければ心を開いてもらいやすくなります。

できることなら自撮りを避け、笑顔の写真を用意しましょう。ナルシストっぽく見えてしまうと、ほとんどの場合「一緒にいて疲れそう」と敬遠されてしまうためです。

プロフィールの自己紹介文章を決める

写真を用意したら、次に重要となるのがプロフィールの自己紹介文章です。ポイントは、どんな相手かある程度想像できる要素を入れておく、自分が相手にも公開してほしい情報を入れておくことの2点です。

簡単な例文を用意したので、アレンジして使ってみてください。

自己紹介例文

はじめまして。〇市で〇〇の仕事をしている××歳です。趣味は料理と筋トレで、休日はアマゾンプライムで映画ばかり見ています。

じっくりメールをして、仲良くなれた人と会えたらと思っています。気軽にメッセージください。

長すぎても短すぎてもダメで、マイナスな要素を入れないよう注意しましょう。特にセフレが目当てで利用する場合は、恋人を求めるような一文はNGです。

本気でセフレが欲しい女性は多くいるので、恋愛目的だと思われると会っても仕方がないと見切られてしまうためです。

完全ヤリモク女子と出会いたいのであればPCMAXもアリ!

やや難易度は上がるものの、セックスに飢えているヤリモク女子と出会いたいのであれば、PCMAXを使うのもアリです。理由は、PCMAXの裏プロフィールにあります。

PCMAXはブラウザ版のみ裏プロフィールという項目を設定可能です。裏プロフィールでは、一晩で何回セックスできるか、太さ、大きさに関するサイズまでかなり赤裸々に設定可能です。

これにより、簡単にヤリモク女子を見極めやすくなるだけでなく、性癖がピッタリ合う相手を簡単に絞りこめるメリットもあります。

まとめ

今回は、出会い系アプリを使ってセフレを作る上で、最も使えるアプリ2つを紹介しました。というよりも、ポイント制アプリを使う場合はハッピーメールとワクワクメールさえあれば他はいらないと考えてOKです。

この2つのアプリはコスパが抜群に良いので、慣れてくれば継続的にエロい女性と出会い続けられます。コロナで寂しい思いをしている女性が大量に流れ込んでいるので、始めるなら今がチャンスですよ!



コメント

  1. […] こちらの記事で、より詳しく2つのアプリを解説しています。 […]

タイトルとURLをコピーしました