メンズメイク初心者向けに徹底解説!メイクの流れからやり方、買うべきものとは

Uncategorized

メンズメイクに挑戦したい!と思っても、何から始めて何を買えば良いのか、やり方がさっぱりわからないという人も多いでしょう。

メンズメイクは、我流ではじめるのはリスクがあります。場合によっては違和感の大きな仕上がりとなり、同性、異性問わずかなり変な目で見られてしまいます。

そこで今回は、普段時と場合によってメンズメイクを使い分けている筆者が、初心者向けに必要な知識をまとめました。買うべきアイテムも合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

  1.  1. メンズメイクの重要性
    1. メンズメイクの流行に関して
    2. ビジネスシーンでの第一印象向上
    3. 自己表現の手段として
  2.  メンズメイクの基本となる手順
    1.  顔を洗って保湿する
    2. 化粧下地
    3. ファンデーションまたはBBクリームを塗る
    4. ノーズシャドウとハイライトで立体感を作る
    5. コンシーラーでくまやシミを隠す
    6. パウダーで仕上げ
    7. アイブロウ
    8. アイメイク
    9. リップ
    10. 最後にフィックススプレー
  3. メイクの落とし方
  4. 必要なアイテムを網羅!メンズメイクおすすめ8選
    1. uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター(カバー)
    2. ORBIS Mr.(オルビス ミスター) ミスター ビアード&アイブロー ペンシル
    3. KATE(ケイト)デザイニングアイブロウ3D
    4. メンズアクネバリア 薬用コンシーラー
    5. KATE(ケイト) アイライナー ダブルラインエキスパート
    6. ニベア リッチケア&カラーリップ スモーキーローズ
    7. コーセーコスメニエンス メイク キープ ミスト EX
    8. 無印良品 マイルドジェルクレンジング
  5. よくある質問:メンズメイク初心者編
    1. メンズメイクしていてばれない?
    2. 最初に買うのにおすすめのアイテムは?
    3. メンズメイクで特に重要なステップは?
    4. 日常のメイクで避けるべきことは?
    5. 汗をかいても崩れにくいメイクのポイントは?
    6. 敏感肌でもメンズメイクはできる?
    7. ビジネスシーンでのメイクのポイントは?
  6. まとめ

 1. メンズメイクの重要性

まずはメンズメイクの流行や重要性に関して、簡単に解説します。いまやモテたいからと取り入れるのではなく、ビジネスシーンで好印象を与えるために取り入れる男性もいるほどです。

メンズメイクの流行に関して

近年、メンズメイクが注目を浴びるようになりました。 以前と比べて男女の区別がはっきりとされなくなり、化粧品の境界は徐々に薄れ、男性も美を追求する時代となったのです。

というよりそもそも、以前からモデルや芸能人、ホストやモテる男性はメイクをしていました。それがSNSなどにより可視化され、一般的に取り入れられるようになったことでメンズメイクが普及したと考えられます。

写真の撮り方もありますが、上記は男性芸能人のすっぴんとメイク有りの比較写真です。メイクの重要さが伺えます。

ビジネスシーンでの第一印象向上

肌が清潔に見え、目元が自信であれば、言葉にも説得力が増します。メンズメイクは、クマや毛穴の目立ちにくい肌に仕上げることで、相手に自信に満ちたプロフェッショナルな印象を与えられます。

これにより、接客業や営業職、人前に出る仕事をする男性が、メイクを取り入れ始めています

自己表現の手段として

メイクは、自分の内面や個性を表現する素晴らしいツールになります。男性が自分らしい色や形でメイクをすることで、他人と差別化をすることができ、その結果、自分の個性や魅力をさらに引き出すことが可能になります。

わかりやすいものでいえば、メンズ地下アイドルや韓国アイドルのようなメイクです。こういった派手なメイクを取り入れて楽しむのも醍醐味の1つといえるでしょう。

このように、メンズメイクは自分自身の気づきを形成・強化する上で非常に有効な手段です。

 メンズメイクの基本となる手順

メンズメイクを始める前に知っておきたい基本的な手順と、それぞれのステップでのポイントを詳しく解説します。

 顔を洗って保湿する

メイクをする前に、きちんと洗顔することが大切です。ゴミが付いていたり油分が多すぎるとうまくメイクができないためです。

油分が多い肌や夏の時期はさっぱりとしたもの、乾燥気味の肌や冬の時期は保湿成分入りのものがおすすめ。正しい洗い方として、洗顔料を泡立てて優しく顔全体をマッサージ洗うように、すすぎは十分に行いましょう。

また、化粧水と乳液による保湿もセットで行ないましょう。水分量が少ないとファンデーションや下地が伸びにくくなるためです。

化粧下地

次に、メイクの土台となる化粧下地のステップです。

化粧下地は、肌の凹凸を滑らかにしてメイクの持ちを良くするためのベースクリームです。手に取り、顔全体に均一に伸ばしましょう。これにより、次のステップでのコンシーラーやファンデーションのノリがよくなります。

ファンデーションまたはBBクリームを塗る

次に、ファンデーションやBBクリームを塗っていきます。これにより肌全体の毛穴を隠し、均一なトーンにすることできれいに見えるようになります。

選ぶポイントは、肌の色や質感、カバー力を考慮して商品を選びましょう。各商品で推奨されている量を手に取り、鼻やほほ、おでこやアゴに少しずつ付けて伸ばしていきます。

これにより、一体感のあるキレイな肌に仕上げることができます。

ノーズシャドウとハイライトで立体感を作る

次に、鼻やほほに暗い肌色や白い色を馴染ませ、立体感を作ります。

この工程は省く人もいますが、より鼻を高く見せたい人や、輪郭をしゅっと見せたい人は非常に重要です。

コンシーラーでくまやシミを隠す

皮膚のトラブルや色ムラをカバーするのがコンシーラーです。

クマやニキビ跡など気になる部分に、適量を塗ります。このステップで、肌の気になる部分を上手くカバーできます。

パウダーで仕上げ

ファンデーションまで塗り終わったら、フェイスパウダーで仕上げをします。パウダーを塗ることで、余分な皮脂を抑えてメイク崩れを防止できます。

また、パウダーをまとうことで服に下地が付着しないようにする効果も期待できます。

アイブロウ

化粧下地からパウダーまでをベースメイクと呼びます。ベースメイクが終わったら、部分ごとのポイントメイクに移ります。ポイントメイクに関しては、順番はどこからでも構いません。

おすすめは、眉毛から整えることです。眉毛は顔の印象を大きく左右するため、最初に書くことでイメージしやすくなります。

自然な眉の形を眺めながら、眉毛の隙間や薄い部分を埋めます。 筆や鉛筆を使い、太すぎず細すぎないバランスを意識して描きましょう。 正しく眉を整えることで、より引き締まった表情を作ることができます。

アイメイク

かなり好みが分かれますが、メンズメイクでもアイメイクを取り入れている人を多くいます。アイメイクは、瞼にアイシャドウを塗ったり、目じりに線を引いたりして目元の印象をコントロールするものです。

アイメイクに関しては人それぞれやり方がかなり異なるため、自分の目や顔の性質に合ったものを取り入れて研究するのが重要です。

多くの人におすすめなのは、アイライナーを使って涙袋だけ書くというものです。涙袋があることで目元は大きく強調され、手軽に印象を変えられます。濃く書き過ぎないよう注意しましょう。

リップ

口元の乾燥やカサつきは見た目の印象を下げる原因となります。 リップクリームやバームを使って、唇の保湿を行いましょう。適量を指先で、上唇と下唇に均一に塗り広げます。

また、肌が白く口元の印象をより強調させたい人は、色付きのリップを使うのも手です。濃くなりすぎるとオカマ感が出てしまいますが、適度な色が付くと大きく印象を変えられます。かなり好みが出るポイントとなります。

最後にフィックススプレー

メイクが一日中持続するように、最後の仕上げとしてフィックススプレーを使います。 これはメイクを固定させるためのスプレーです。

顔全体に均一にスプレーします。 短い距離で吹きかけると濃くなりすぎますのでご注意ください。 これにより、長時間キレイなメイクをキープすることができます。

メイクの落とし方

メンズメイクをした場合は、通常の洗顔料とは別となる、メイク落としを使って落としていきましょう。洗顔だけだと落としきれず、毛穴に化粧品の成分がつまってしまいニキビの元となってしまいます。

メイク落としには種類がありますが、基本的にはオイルを推奨しています。落としにくいBBクリームでもきちんと落とす洗浄力のあるものが多いためです。

手順としては、各メイク落としの適切な量を手にとり、くるくると指全体を使って伸ばしていきます。

全体に馴染んで来たらぬるま湯を使ってよくすすぐだけです。メイク落としの後は、別に洗顔をおこないましょう。

必要なアイテムを網羅!メンズメイクおすすめ8選

メンズメイクを行う上で必須アイテムをピックアップ。初心者の方にも使いやすい、市販で人気の商品を8つ紹介します。

最初におすすめなのは、BBクリームとアイブロウの2つです。この2つだけしておくだけでも印象は大きく変わり、男性のメイクとしては充分なこともあるためです。

次に涙袋を書けるアイライナー、目元の印象を変えられるアイシャドウです。少しずつ増やしていくことをおすすめします。

uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター(カバー)


簡単に肌を美しく見せるアイテムが、BBクリーム。ファンデーションとスキンケアの良いところを併せ持っています。

「uno(ウーノ) フェイスカラークリエイター」は、保湿成分を豊富に含んでいつつ、軽いつけ心地で人気です。薬局などどこでも手に入るのがポイント。

値段もかなり安く、日常のメイクにはこのBBクリームが最適です。

ORBIS Mr.(オルビス ミスター) ミスター ビアード&アイブロー ペンシル


眉毛の形や濃さを調節するためのアイブロウ。 自然な仕上がりが求められるアイテムです。

「ORBIS Mr.(オルビス ミスター) ミスター ビアード&アイブロー ペンシル」は、ペンシルタイプで使いやすく、毛流れを整えるためのブラシも付いており便利です。

毛流れをさっと整えてから眉毛が書けるので、よりクオリティの高い眉毛を書くことができます。

KATE(ケイト)デザイニングアイブロウ3D

KATE(ケイト)デザイニングアイブロウ3D」は、ペンシルではなくブラシで書くタイプのアイブロウです。

ふわっと色を付けられるため、眉毛を強調させたくない人におすすめです。また、元々しっかりと眉毛が生えている人にも使いやすいでしょう。

涙袋の影を書くのにも使えたりと、便利なアイテムでかなりおすすめです。

メンズアクネバリア 薬用コンシーラー


コンシーラーのおすすめは、「メンズアクネバリア 薬用コンシーラー」です。皮膚のトラブルや色ムラをカバーしつつ、薬用成分が配合されています。

スティックタイプでニキビや青髭の部分に馴染ませるだけなので、取扱いが簡単なのもポイント。

KATE(ケイト) アイライナー ダブルラインエキスパート


アイライナーで圧倒的におすすめしたいのが、「KATE(ケイト) ケイト アイライナー ダブルラインエキスパート」です。

さらっとなぞるだけで濃くなりにくく、かなりの万能アイテムです。二重幅を強調するのはもちろん、涙袋を書くのに重宝します。

肌がきれいな人なら、これだけ買うだけでも目元を強調できてモテ顔に近づけます。

ニベア リッチケア&カラーリップ スモーキーローズ


リップでおすすめなのが、「ニベア リッチケア&カラーリップ スモーキーローズ」です。

適度に色が付いて、セクシーさを演出できます。特にファンデーションやBBクリームで肌が白くなると、唇の薄さが浮いてしまうことがあります。そんなときはぜひ取り入れてみましょう。

ただ、色が濃くなりすぎるとオカマ感が出てしまうので要注意です。

コーセーコスメニエンス メイク キープ ミスト EX


汗っかきな人、油分が多めな人におすすめなのが、「コーセーコスメニエンス メイク キープ ミスト EX」です。

仕上げに顔全体に吹きかけることで、皮脂・テカリにも汗・水にも強くなります。

女性用っぽいアイテムに感じるかもしれませんが、むしろ筋肉量が多く汗をかきやすかったり、皮脂が多い男性にこそ取り入れてほしいアイテムです。

無印良品 マイルドジェルクレンジング


メイク落としに関しては、「無印良品 マイルドジェルクレンジング」がおすすめ。正直最初はそこまでこだわらず、コスパ重視が良いでしょう。

ジェルタイプになっており、オイルよりも扱いが簡単。充分な洗浄力に加えて容量も多いためおすすめです。

よくある質問:メンズメイク初心者編

最後に、メンズメイク初心者に向けてよくある質問とその回答をまとめました。

メンズメイクしていてばれない?

メイクをしていてバレないか気にする人は多くいますが、適度なメイクであればバレることはなく、好印象を与えられます。

もしバレるとすれば、やりすぎな眉毛、アイメイク、色が濃いリップ、無理に青髭を隠すためのコンシーラーなどが挙げられます。

バレないようにしつつ綺麗な仕上がりを目指すなら、とにかく自然に薄くメイクをすること、もともとの肌を綺麗にすることの2つが重要です。

最初に買うのにおすすめのアイテムは?

最初に買うのにおすすめなのは、BBクリームです。肌全体が補正され、メイクの変化を実感できるだけでなく、手軽だからです。

メンズメイクで特に重要なステップは?

ベースメイクが特に重要です。肌の調子を整え、後のメイクのもちを良くするための基盤になります。

肌がきれいになることで自然と垢抜けて見えるため、お金をかけるとするなら下地関連のアイテムがおすすめです。

また、ベースメイクの効力をより発揮させるために、スキンケアや食べるもの、運動や睡眠にも気を使うようになるとより肌の質がアップします。

日常のメイクで避けるべきことは?

重たいメイクや味の強いものは、日常のメイクには不向きです。

アイドルのメイクを取り入れる人もいますが、あくまで舞台上で目立つためのメイクです。もちろん楽しむのは自由ですが、日常で取り入れるのは周囲から見て不自然と思われてしまうこともあります。

汗をかいても崩れにくいメイクのポイントは?

プライマーやセッティングスプレーの使用、また水や汗に強い化粧品を選ぶことで、崩れにくいメイクが実現できます。また、食べるものに気を付けることで肌の油分量が過剰に分泌されにくくなり、メイクの持ちがよくなります。

敏感肌でもメンズメイクはできる?

敏感肌向けの化粧品を選ぶことや、パッチテストを行うことで安心してメイクを楽しむことができます。

もしくは低刺激やナチュラル成分のものを選んで利用することで、敏感肌の人でもメイクしやすいでしょう。

ビジネスシーンでのメイクのポイントは?

清潔感を重視し、控えめながらもきちんとした印象を心がけることが大切です。おすすめは、BBクリームを薄塗りする+眉毛を自然に書き足すの2つです。

目元を強調したいのであればあくまで自然に涙袋を書く程度にしておきましょう。

まとめ

今回は、メンズメイクに関してどういった流れで行うのか、やり方からおすすめ商品まで合わせて解説しました。

メンズメイクはかなり一般的になってきていて、手軽に手に入るようになりました。ちょっと取り入れるだけで自分のコンプレックスを解消できたり、手軽に肌をきれいに見えるようにしたりできるため、非常におすすめです。

今回紹介したおすすめ商品はどれも初心者から手軽に使えるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました